目の老化は30代から始まる

 老眼といえば、40代中頃からその症状を徐々に感じ始め、ある日突然、あれっ??新聞の文字が・・・みたいなイメージをもつ人が多いと思います。実際、私も同じイメージでした。しかし、老眼の予兆とも言える目の老化は30代から始まると言われています。

老眼=ピントが合わない

ピント調節

 人間の目でも、カメラでも同じなのですが、モノを見るためにはレンズの大きさを合わせ、ピントをあわせる必要があります。人の目で言うなれば、水晶体がレンズの働きをしていて、毛様体筋がピント調節を行っているのですが、老化によって水晶体の弾力が落ちる、毛様体筋の力も弱くなると、ピントが合わなくなるのです。

 いわゆる、これが老眼という現象なのです。

いつから調節機能が衰える?

目

 目に何かしらの疾患を抱えている人、視力が良くない人を除いた一般健康成人において、ピントの調節機能が衰え始めるのは30代頃だと言われています。ただし、ここでいう衰え始めること=老眼っとは言えません。10代では手元10cmでもピントを合わせられたが、30代になると20cmにしないとピントが合いにくくなってきた、程度のもので、日常生活上では何の支障もない部分であるからです。

 しかし、さらに年齢を重ね、40代中頃くらいになると手元から30cm辺りでもピントが合わせにくくなってきて、手元の本が読みにくくなったりして生活に支障が出始めます、ここが老眼の始まりですね。

近視は老眼になりにくい?

近視と老眼

 正確に言うなれば、近視の人が老眼になりにくいのではなく、近視の人は老眼の症状に気づきにくいのです。目の調節力が弱ってきているのですが、近視の度合いが強いと手元を見る力がある程度あるので気付きにくいというわけなのです。

 これを自分が老眼ではないと感じてしまうだけの話であって、目の調節力自体は当然低下してきているのです。

目の健康全般を見なおそう

眼科検診

 老眼がきてしまったタイミングで、実は他の眼病もじわりじわりと忍び寄ってきていることも多いです。白内障や緑内障、加齢黄斑変性症などという病気も増えてきていますので、眼科で定期的に検診を受けてみることをオススメします。

関連サイトにこんな記事があります

比較一覧表

当サイトについて

当サイトではビルベリーサプリのビルベリー成分量に着目し、ランキングとして紹介しています。必ずしもビルベリーが多いものが良いというわけではありませんが、1つの基準としてお考え下さい。

Page top icon