字幕・テロップが見えにくいと楽しめない!

 私自身、元々視力がそこまで良い感じではありませんので、普段は眼鏡かコンタクトレンズを着用しているんですよね。それでも帰宅するとそんなの取っ払ってリラックスしたくなるので、家では基本、眼鏡やコンタクトはつけておりません。

 ただ、テレビで映画を観ようとなると時々字幕やテロップがピンボケみたいな状態になる日がありまして、なんだこれ??また、視力が落ちた??と思っていたんですが・・・。

ソファーでテレビ鑑賞

 上の写真のようなイメージで、奥さんと並んで座ってテレビを観たいんだけど、字幕やテロップが見えにくいときがあって、そういうときは私一人椅子に座ってテレビに近づいて観ております。涙。

字幕・テロップが見えにくい原因

 また視力が下がったのかなぁと思っていたのですが、コンタクトレンズをもらいに眼科に行ったときに検査をしてもらったら視力の低下はなしということが分かりました。

 その時に眼科の先生に字幕やテロップが見えにくい原因を聞いてみたところ、眼精疲労や仮性近視じゃないか、っと言われました。

見えにくいイメージ画像

 こちらの画像もイメージ写真にはなるのですが、ぼやけているというか、文字のふちの部分があいまいになっているというか、そんな感じに見えるんですよね。

 しかも、それって週末や仕事で疲れているときじゃありませんか?っと先生に言われて、思い起こしてみれば・・・。

 確かに家で映画を観るのは金曜日か土曜日が多いな…っということに気が付きました。これって週末老眼じゃないか・・・

週末老眼って?

パソコンのし過ぎ

 老眼と言えば40代頃からあらわれる老化現象の1つなのですが、スマホやタブレットなどの普及により目のピント調節機能の低下度合いが強い20代30代も増えてきました。

 普段は意識していなくても、ピント調節機能に疲労が蓄積し、週末に老眼のような症状が出てしまうものです。私もまだ30代半ばなんですけど、週末老眼っぽいです、涙。

眼精疲労の対策法

眼精疲労

 対策法を色々と調べてみましたが、一番真っ先にやった方が良いものは目を休めるっということですね、苦笑。そりゃそーだわ。

 しかし、パソコンやスマホから遠ざかることは現在ではお仕事の都合もありますので、難しいところもありますよね。私の場合は確実にパソコンが原因なわけなんですが、これがないと仕事ができないので、なんとも・・・っということなので、他の対策法を調べてみました。

遠くを見るようにする

ビルの遠くの景色

 仕事の合間や目が疲れたなと感じるよりも前に、できるだけ遠くを見て目を休めるっというのが良いみたいですね。

 できるだけ遠くを見るのが良いみたいですが、できない場合は10mでも20mでも良いので、できるだけ遠くを見るのがオススメみたいです。

眼精疲労対策の目薬をさす

目薬

 ドラッグストアなんかでも眼精疲労用の目薬はいくつも販売されていますね。私も時折お世話になっておりますが、なかなか気持ちが良いものです。

 眼精疲労にオススメの目薬はこちらのページの下の方でまとめていますので、そちらを参照してみてください。

眼精疲労対策のサプリを飲む

 40代50代の方にアンケートをとってみると、目の健康に関して不安を持っている方がかなり多く(アンケートにもよるが軒並み80%越え)いらっしゃるみたいですね。

 で、さらにその中で実際に目のサプリメントを飲んでいる方は35%くらいで、半数以上の方が興味はあるがどれを買えば良いのか分からないっという理由から始めていないみたいですね^^;

 確かに、ブルーベリーサプリやルテインサプリは世の中にたくさん販売されてて、どれが良いのか分かりにくくなってますよね・・・。

 私自身もルテインサプリを買おうと思って悩みに悩んだ挙句、調べまわって作ったサイトが当サイトですので、眼精疲労対策としてルテインサプリを買おうと思っているのであれば、ルテインサプリランキングを参考にしてみてください。

 ルテインサプリランキング


天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon