ルテインの目薬はない

 簡単にですが、ルテインの目薬を調べてみたところそんなものはありませんでした。まぁ、現在研究中とか、開発中とかなら分かりませんが、少なくとも市販されているルテインの目薬はなかったというところでしょうか。

 でも、テレビで放送されたか、何かの雑誌で紹介されてか、実際に検索している人が何だか多いですね。

ルテインの目薬

ルテインサプリと併用したい目薬なら

 『ルテイン 目薬』っと検索している人の真意がイマイチ分かっておりませんので、思い付きで文章をツラツラと書いているところですが、ルテインサプリと併用したい目薬は!?っという意味なら、こんな目薬がオススメだなぁと思います。

 処方箋が必要なくて、ドラッグストアやネット通販で買えるような目薬に限定するとなると、です。

 ※処方薬はそもそもご自身の判断で使うものではありませんしね^^;

眼精疲労の目薬

 ルテインサプリを飲もうと考えている方は、白内障や緑内障、黄斑変性症、飛蚊症あたりを気にしている人が多いわけですが、それよりも前段階として眼精疲労に悩んでいる人が多い印象があります。

 ですので、ここでは眼精疲労に対してオススメできる目薬を紹介したいと思います。

サンテメディカル12

サンテメディカル12のここが良い!

  1. 4つの成分が最大濃度で配合されている
  2. ピント調節筋に働きかける
  3. 目の渇きを潤す
  4. 必要な栄養素も補給可能
用法用量 価格帯 分類
1日5~6回
1回1~3滴
1,500円くらい 第2類医薬品
成分 ビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩

 サンテメディカルブランドには語尾の英数字が違うものが販売されていますが、ここで紹介しているものはサンテメディカル12です。AとかGとか10とか色々あり、症状に応じたものですが、単なる眼精疲労の場合は12がオススメです。

 販売サイトを見てみる

ロートデジアイ

ロートデジアイのここが良い!

  1. 細胞修復促進成分、活性型ビタミンB2が最大濃度配合
  2. スマホ、パソコン疲れにオススメ
  3. 炎症や充血にも可能
  4. 眩しさ、ちらつきに対応
用法用量 価格帯 分類
1日5~6回
1回1~2滴
600円くらい 第2類医薬品
成分 活性型ビタミンB2、ネオスチグミンメチル硫酸塩、ナファゾリン塩酸塩、タウリン、L-アスパラギン酸カリウム、ビタミンB6

 パソコン、スマホ、テレビなどのブルーライトによるダメージにオススメできるのがこちらのロートデジアイです。パッケージが初音ミクモデル、商品のネーミングなどからもなんとなくわかると思いますがデジタル系の眼精疲労にオススメです。

 販売サイトを見てみる

目薬に頼りすぎてはいけない

 あくまでも市販の目薬は、健康補助として使うものであり、治療をしたり完全に改善したりするものではありませんので、頼りすぎはいけません。眼精疲労が強いのであれば、目を休めることが最もオススメの対策法だと思います。

 また、パソコンやスマホを使用している合間の時間で、遠くを見るなどすることもオススメです。補助的にルテインサプリを摂るのも良いとは思います。

 が、目を休めることが一番効果的だと思います^^;

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon