ビタミンAは目に重要な栄養素

 ビタミンAは、目の粘膜を正常に保ったり、角膜や網膜の新陳代謝を上げる作用が知られています。ビタミンAが目の細胞を作っていると言っても過言ではないくらい目にとっては重要な栄養素というわけです。

ビタミンAは新陳代謝を上げる

新陳代謝のイメージ写真

 目の健康を保つ上で重要な栄養素となるのが、このページで紹介するビタミンAです。上の項目でもサラリと書きましたが、眼の細胞を作っていると言っても過言ではない栄養素です。

 そもそもビタミンAは、目の細胞に限らず、皮膚や鼻、喉、肺や消化器官などの粘膜の新陳代謝を上げる働きがあり、それらの細胞を健康に保つ働きをしています。

 しかし、目においてはさらに重要な働きをしています。その1つが、ビタミンAは目の網膜にあるロドプシンという色素成分の主成分であるということです。

網膜にあるロドプシンとは?

瞳のアップ写真

 ロドプシンとは、目が光を感じるためになくてはならない成分で、ロドプシンがあるから光を感知できるのです。そのため、ビタミンAが不足すると夜盲症を引き起こすことが知られています。

夜盲症って何?

映画館

 映画館など、暗い場所に入った瞬間って暗闇のせいで回りが見えにくく感じますよね??でも、それも時間が経てば慣れてきて見えるようになります。このことを『暗順応』と言います。

 しかし、極端なビタミンAの不足などで、夜盲症になるとこの暗順応が正常に働かず、いつまで経っても見えにくい状態となってしまうのです。これが夜盲症です。

ビタミンAを多く含む食べ物

レバーの写真

 ビタミンAを効率よく摂取しようと思うと動物性食品の摂取がオススメです。具体的には、鶏レバー、豚レバー、うなぎなどがそれにあたります。

 それ以外では、体内でビタミンAに変換されるβカロテンを摂ることも悪くありません。βカロテンと言えば緑黄色野菜に多く含まれており、にんじん、かぼちゃ、小松菜などがおすすめですね。

ビタミンAに過剰摂取の問題はある?

緑黄色野菜

 通常の食品から摂取している限り、なかなかに過剰摂取になることはありませんが、過剰摂取をすると、吐き気や疲労感と言ったものが出ることがあります。サプリメントなんかで摂取する場合は、たくさん飲めばいいというものではありませんので、注意が必要です。

 また、βカロテンからの摂取であれば、過剰であればビタミンAに変換されることがありませんので、過剰摂取の心配は無用です。ですので、個人的には緑黄色野菜からの摂取がオススメだと考えています。

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon