他の眼病も気になる

老眼

 別のページでも紹介したのですが、老眼が始まるのは40代半ば頃からです。個人差はある程度あるので、あなたがいつから始まるのかは一概には言えませんが・・・。ただ、

  • 細かい文字を読むのがツライ
  • 長時間のパソコン作業がツライ
  • 目がかすんだり疲れやすい
  • 肩が凝りやすい
  • 頭痛がする

 など、これらの症状がある場合、老眼でなくとも注意が必要です。もちろん、老眼の初期症状である可能性もありますが、それ以外の眼病の可能性も否定できなくなってくるお年頃ですので・・・汗。

注意しておきたい眼病

 老眼が始まりそうな時期には緑内障や白内障などの他の眼病も多くなってくる年代です。この辺りで一度眼科で目の健康診断を受けておきたいところです。

白内障は誰でも起こりうる

カメラのレンズ

 白内障はレンズの役割をしている水晶体が白く濁ってしまうことで起こる病気です。水晶体が濁ると、目に入ってくる光がぼやけてしまうので、見えるものもぼやけて見えてしまうという症状が起こります。

 原因は加齢だの紫外線だの、他の疾患が関係しているだの、色々と考えられていますがどれもはっきりしていないのが現状です。

 起こる症状としましては、

  • 視力が低下する
  • ぼやける、かすむ
  • まぶしく感じる
  • ものが2重に見える

 老眼が始まったのかな??っと勘違いしてしまいがちですが、上記のような症状がある場合は白内障の可能性もありますので、注意が必要です。

初期症状に気付きにくい緑内障

緑内障

 緑内障は初期症状に気付きにくいというのが大きな特徴で怖い眼病なのです。実際問題、厚労省が発表している緑内障患者の統計データも増え続けています。

 緑内障は何らかの原因(眼圧上昇など)により視神経に萎縮が起こり、見えなくなるのですが、少しくらいの障害では症状に気付かないのです。【目の病気の最新治療】という書籍によると通常は神経線維の50%近くが萎縮しても本人は気付きませんと書かれています。

 また、神経線維は40%ほど萎縮したころから、坂を転げ落ちるように休息に減少していきますとも書かれており、気づいた頃にはかなりやられている状態何だということがよくわかります。

 緑内障は病状の進行具合によって症状が異なるのですが、急激に進行(発作的に進行)した場合は

  • 急激な目の痛みが発生する
  • 頭痛や嘔吐(嘔気)がある
  • 霧のようなかすみが見える(霧視)
  • 虹のような輪が見える(虹視)

 などの症状があらわれます。それとは逆に慢性的に徐々に進行した場合は、症状に気づきにくく気付いたとしても

  • 目が重く感じる
  • 目が疲れやすい
  • 肩こりがある

 など、およそ緑内障とは感じにくい症状で進行します。こちらもあたかも老眼のような感じもしますので、こちらもやはり眼科で検査をしておきたいところです。

日本でも急増中の黄斑変性症

視界のゆがみ

 ここ十数年で日本でも急増している眼病の1つで、聞きなれない人もいるかと思います。テレビの健康番組や特集が好きな方は知っているかもしれませんね。アメリカでは失明原因の上位に入る眼病です。

 目の黄斑という視神経が多く集まっている部分に障害が起こることで、

  • ものが歪んで見える
  • 視力が落ちる

 などの症状が出ます。ちょうど目の中心部や見たい部分が歪んで見えたり、暗く見えたりするようになるので、非常に困った状態になります。

 原因ははっきりとは分かっていないのですが、元々日本には少ない病気だったことを考えると、欧米食が何らかの影響を与えているのかもしれないとも考えられています。ただ、老眼や白内障のように誰にでも起きる病気ではありません。

黄斑変性症対策になるかも?なサプリメント

めなり

 加齢黄斑変性に対してルテインサプリメントが予防対策となる可能性がある論文や研究はたくさんあります(一方で、予防対策とはならないという反証となる論文や研究もありますが)。

 それでも今のところ、原因もはっきりしていない、明確な効果のある薬もない中での対策としてルテインサプリメントは1筋の光になるんじゃないかと個人的には感じています。

 あくまでもサプリメントなので病気が治癒するようなことはありませんが、気になる方はこちらのページでルテインサプリメントを紹介していますのでチェックしてみてください^^

 ルテインサプリメントをチェック!

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon