スマホ老眼って何?

スマートフォン

 スマホ老眼を簡単に説明するとすれば、目のピント調節機能の低下と言えます。これだけだとあまりにもざっくり過ぎますが、大体そういうことなんだなと覚えてもらってもいいかと思います。

 もう少し、スマホ老眼を詳しく説明しますと、目のピント調節をする筋肉である毛様体筋が、疲弊(スマホの見すぎ)してピント調節できなくなる状態のことをスマホ老眼と呼ぶのです。

 筋肉疲労が原因の1つなので、高齢者じゃなくとも若い人でも起こるうる目の症状なのです。ただ、ネーミングに老眼と付いているので、若い人はならないようなイメージになりそうですが、スマホ老眼は若くてもなります

スマホ老眼への対策

遠くを見る

 スマホ老眼の対策はとても簡単です。疲れたなと感じるよりも前にスマホの使用をやめることです。10分でも15分でも良いので、電子端末を見るのをやめて、少し遠くを眺めるだけで良いのです。

 1時間に10分か15分くらい、今見ることができる範囲で一番遠くを見る、それくらいの休憩だけでも随分と変わってきますよ^^

スマホ老眼、子供は特になりやすい?

子供のスマホ

 詳しい研究データなどはありませんが、個人的には子供(幼稚園児や小学生)の方がスマホ老眼になりやすいんじゃないかと思っています(あくまでも個人的な考えです)

 大きな理由の1つに子供は大人よりも腕が短いので、スマホとの距離を取りにくいからです。光源(スマホ)から目の距離が近ければ近いほど、ダメージは大きいんじゃないかと考えています。

 また、子供がスマホゲームに熱中したときの集中力はものすごいものがあると思います。大人だったら程々のところで疲れた~っとなりますが、子供の場合は疲れを知りません。若いから回復も早いからスマホ老眼になんて・・・っという考え方もあるかとは思いますが、圧倒的に目への悪影響の方が大きいと考えています。

スマホはいつまで使われるのか

眼精疲労

 この先、スマホよりも便利な端末ができて、スマホなんて過去の遺物・・・っとなるかもしれませんが、こういった類の電子機器はある程度残るんじゃないかと思われます。

 私は30代になってからスマホデビューだったので、スマホ歴は長くても30年くらいで済みそうですが、現在10代の子供だったらこれから先50年以上使うことになるのですかね??目へのダメージは私たち大人よりも長期間受け続けることになりますよね??

 医学がとんでもない進化を遂げない限り、目は一生モノだと思いますので、今からスマホを延々と使わせるのはどうなのかなぁというところでもありますね、汗。

スマホ老眼対策のサプリメント

 スマホ老眼から目を守ろう!っという考え方はサプリメント業界からも上がっています。一昔前はブルーベリーが目に良いと言われましたが、詳しく調べていくとブルーベリーはそこまで目に良いわけではないということも分かってきました。

 最近の考え方では、目を守る成分はルテイン!!っという考え方が主流になってきています。当然、ルテインサプリメントを摂取したからといって、スマホ老眼が治る、スマホ老眼にならない!っというわけではありません。ルテインサプリメントはあくまでも補助的な立ち位置であることを忘れないでください。

 もう少し詳しくルテインサプリメントを知りたいという方はこちらのボタンからどうぞ、詳しく紹介していますよ。

 ルテインサプリメントをチェック!

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon