糖尿病性網膜症の治療方針

糖尿病のイメージ

 糖尿病性網膜症の治療方針としましては、極々、初期の段階であれば血糖コントロールを重要視し、これといった治療や手術は行いません。しっかりと血糖コントロールができれば、網膜症の劇的な進行はないと考えられるからです。

 この治療方針である血糖コントロールは、基本的にどの段階でも治療のベースとなるものなので重要です。入院でもしない限り、各個人がコントロールするものであり、自分自身が主治医となります。(とはいえ、自己管理ができなくて糖尿病になってるはずなので、難しい話だなとも思いますが、苦笑。)

但し、効果判定はしにくい

効果判定の疑問

 ダイエットなら○kg痩せた!、仕事なら営業成績を伸ばし給料が増えた!、ジョギングなら距離が伸ばせた!タイムが縮まった!スコアが良くなった!などなど、数値として目に見えて改善するのですが、糖尿病性網膜症はこれ以上の進行を抑えることが目的となります。頑張っても頑張っても、現状維持をしているだけのようなものなので、体感的に治療している!効果が出ている!っと感じにくいので効果判定がしにくいのです。

 とはいえ、血糖コントロールをしっかりしなかった場合、網膜症が重症になり失明に、より近づいていくというのは間違いないです。一旦、網膜症が進行すると治療が難しくなる病気ですので、継続が力となります。

糖尿病性網膜症の手術

 糖尿病性網膜症がある程度進行すると、積極的な治療が優先されるようになってきます(内科的治療や血糖コントロールは基本として)。2つの手術が主なもので、レーザー光線による治療と、硝子体手術があります。

網膜光凝固療法

レーザー光のイメージ

 こちらは糖尿病性網膜症の根本的な治療法ではなく、あくまでも進行を防ぐための治療になります。レーザー光線を、血行不良となっている網膜に当てて焼き付け、出血や血管新生の発生、増殖を食い止めることが目的となります。

 手術の時間は1回20~30分程度で、外来通院で行うことができるのですが、レーザー光線をたくさん当てないといけないので数回の通院が必要となります。一般に3~4回の通院で、2~4週間程度の期間がかかるようです。

 あと、レーザー光線は人によっては痛みを感じる場合もあるみたいです。通常、麻酔をせずに行う治療ですが、どうしても我慢できない場合、麻酔の相談をすると良いかと思います。

 ただし、最初に書いたとおりあくまでも食い止めることが目的の治療のため、一旦低下してしまった視力を回復させることはできません。

硝子体手術

眼科の待合室

 網膜症がさらに進行してしまい、眼球内に大出血が起こっている、網膜が剥がれ始めている、っといった段階まで来た場合に硝子体手術となります。濁ってしまった硝子体の病変部を切除したり、網膜が剥がれている部分を元に戻すような手術になります。

 言葉で書くとあっさりした手術のような感じになるのですが、目の手術の中でもかなりハイレベルな手術に分類されており、手術の時間も長いし、2週間程度の入院が必要となります。

 手術の成功率は執刀医のレベルにもよりますが、7~8割とされており、残り2~3割の内の更に10%程度(100人中2~3人)は残念ながら失明に至るリスクもある手術となっています。

糖尿病性網膜症の治療薬

 比較的最近の話題にはなるのですが、眼球内に注射することで、糖尿病黄斑浮腫(網膜症の親戚のような病気)を抑えることができる治療薬が出てきました。

どんな薬ですか?

アイリーア注

 元々はガン細胞へ栄養を送る血管網の成長を抑え、栄養不足にして兵糧攻めにする薬だったのですが、この作用を応用して、目の新生血管を抑えることに使ったお薬です。糖尿病網膜浮腫や加齢黄斑変性症の治療薬として目の硝子体に注射して使われています。

 この注射薬と、上で紹介した網膜光凝固療法を組み合わせることでかなりの効果をあげられるようになってきたのですが、改善させることはまだ難しいといったところが現状です。

個人的に思うこと

 糖尿病性網膜症に関しては、初期の段階から糖尿病をうまくコントロールし、進行させないということが重要だと思います。好きなものも食べられないし、目も見えにくいとなってくると老後の楽しみもあったものじゃありません。

 私も病院で働く薬剤師の端くれですので、実際にそういう高齢の方を何人も見てきています。好きなものを食べて、勝手に糖尿病になる。糖尿病になって死んでもいいと好き放題食べるのも個人の自由だと思います。が、介護する家族さんを見ていると何だかやりきれない気持ちになることも多いです。家族に迷惑かけるのはなんとなくイヤですよね。

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon