そもそも加齢黄斑変性症とは?

加齢黄斑変性のイメージ

 別のページ、加齢黄斑変性症の基礎知識、でざっくりと説明していますが、このページでも簡単に紹介しておきたいと思います。

 目の黄斑部には見るために必要な細胞が集まっているのですが、その部分に変性が起こり、視野が歪んだり暗く見えたりする症状が現れる目の病気です。原因ははっきりしていないのですが、大半は加齢(老化)が原因と考えられています。

失明率はすでに1位の眼病

加齢黄斑変性は失明率1位

 加齢黄斑変性症は、白内障や緑内障、ドライアイなどと違いあまり聞き慣れた名前の病気ではないと思うのですが、アメリカでは失明原因になる病気の第2位となっている病気なのです。当然、日本でもここ数十年という単位で高齢者の患者数が急増しています。緑内障による失明、糖尿病の合併症である網膜症による失明、と比べるとまだ少ないですが、確実に増えてきています。

 また、視点を変えてみると、緑内障患者さんはものすごく多いですし、糖尿病による網膜症の患者さんも多いです。しかし、失明に至らない人の比率が圧倒的に多いです。加齢黄斑変性症の患者さんの総数はまだ少ないのですが、これになった患者さんの失明率はすでに1位の病気なのです。

何歳くらいからなりますか?

50代の男性

 年齢的には50代からあらわれると言われていますが、その症状にはっきりと気付くのはもう少し遅い場合があります。最も患者数が多い年齢は60~70代あたりだと考えられています。

 ただし、老眼や白内障と大きく異る点が、誰にでも起こるものではない病気ということです。加齢によって変化が起こる人もいれば、起こらない人もたくさんいるのです。原因がはっきりしていないので言い切れませんが、食生活の変化のせい、パソコンやスマホによる目への刺激が増えたせい、などとも言われています。

加齢黄斑変性症のリスク因子

 加齢黄斑変性症は原因がはっきりしていない病気なのですが、ある程度研究が進んできた部分もあり、いくつかのリスク因子となるものが分かってきています。この項目ではその辺りを紹介してみたいと思います。

リスク因子 内容
加齢(老化) 加齢(老化)によるものが大半だと考えられており、50代後半から多くなってくる病気です。
肥満 食生活の欧米化が原因とも考えられており、肥満も1つの原因かもしれないのです。
タバコ 毛細血管にダメージを与えるものは加齢黄斑変性症のリスク因子になるのです。
直射日光 直射日光を浴びると血管新生ができやすくなるのです。
人種 白人の方が虹彩の色が薄いため、加齢黄斑変性となりやすいと考えられています。
遺伝的要素 10~20%の人は血縁家族に加齢黄斑変性の人がいるとの報告があります。

 この中のいくつかは一般的に言ってそりゃそうだろう、健康に悪そうだしってものも含まれていると思います、苦笑。私も書籍を調べていて、どこもかしこも同じこと書いてるなぁと感じたくらいですし、苦笑。

 とはいえ、必要以上に怖がる必要はありません、参考程度に注意していく程度で良いかと思います^^

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon