白内障=水晶体の濁り

カメラのレンズ

 眼球には角膜と水晶体と、2つのレンズがあるのですが、白内障は水晶体が白く濁ってしまう病気です。カメラのレンズが曇るようなもので、ものがぼやけて見えることになるのです。

水晶体が濁る原因

 水晶体にあるタンパク質が何らかの原因で濁ってしまうことで白内障になるのですが、この原因が実はよく分かっていません。元々は高齢者に多い病気だったため、老化現象の1つだと考えられていたのですが、最近ではアトピー性皮膚炎の10代の患者さんが白内障になるといった症例も見つかっており、単なる老化現象で起こるわけではないということが分かってきました

白内障は誰でもなる病気?

高齢者

 水晶体は年齢を重ねる毎に濁っていくのは紛れもない事実です。日本眼科学会のデータを見ると80歳代になると大半の人に白内障の兆候が見られるようです。ただ、『兆候が見られる=白内障』というわけではなく、日常生活に支障が出るレベルの人から全く問題のない人まで進行度合いに個人差が見られるのです。

タイプ別白内障

 白内障は進行度にも個人差があるのですが、水晶体の濁る部分の差もあります。大きく分けると、

  • 水晶体の周辺が濁るタイプ
  • 水晶体の中心(核)が濁るタイプ
  • 水晶体の裏側全体が濁るタイプ

 などがあります。

 周辺が濁るタイプは視野の外側から白内障が進行していくので症状が現れにくいのが特徴です。進行が遅ければ特に問題なく過ごせますが、気付いた時にはかなり進行しているということでもあります。

 水晶体の中心が濁るタイプは比較的初期から気付きやすいです。近くが霞むように感じるところから症状が始まり、その後全体がかすむように感じます。

 水晶体の裏側全体が濁るタイプは、初期からかすんだり、光が眩しく感じるといった症状が多いです。

 と、いった風にどこからにごり始めるかで症状が異なることが分かったかと思います。いずれにせよ、かすむような症状が出たり、光が眩しく感じるようなことがあれば、老眼のせいだと決めつけずに眼科に検診に行くことを強くオススメします。

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon