老眼の始まりは30代

 一般的に、老眼・・・の1つ前の段階の【調節力の低下】は30代頃から始まると言われています。ただ、この【調節力の低下】は老眼の始まりと一概に言えないケースもあります。

老眼ではないスマホ老眼に注意!

 スマホ老眼とは、スマホの使い過ぎによる眼精疲労で、近くのものにピントが合わせにくくなってしまう症状のことです。

スマホ

 加齢とともに症状が出てくる老眼とは異なるものですが、その症状はまるで老眼、これがスマホ老眼なのです。年齢問わず、10代でも20代でも起こり得る症状で、ヘビーユーザーは注意が必要なのです。



老眼の症状は40代で気付く

 老眼の症状は、ある程度の個人差はあるものの40代で気付くことが多いです。目の調節力を表に示したので、まずはそちらをご覧ください。

 詳しい説明はこの先でします。

10代 40代
調節力 10ジオプトリー 3ジオプトリー
焦点が合う距離 約10センチ 約30センチ

 ジオプトリーというよく分からない言葉が出てきていますが、調節力を表す単位です。

 10代の調節力が10ジオプトリーとなっていて、これは遠いところから手元10cmまで調節することができるという意味になります。

 これが加齢とともに低下していき、40代中頃には3ジオプトリーとなってしまいます。3ジオプトリーというと手元30cm程度のところまで調節可能というわけです。

老眼の症状

 老眼になっている人のイメージとして、上のような写真があるかと思いますが、自力で手元のものにピント調節ができなくなってくるのです。

 3ジオプトリー(手元30㎝まで調節可能)の状態であれば、まだまだ本や新聞は読めますが、これがどんどん進行すると眼から距離を取らないと読めないっということになるわけです。



老眼には個人差がある

 言うまでもないことですが、何歳になってもバリバリ文字を読むことができる人もいますし、いつまでも足腰までしっかり!っという70代だっています。老眼にも個人差があるのです。

 30代頃から調節力の低下が始まっていたとしても、なだらかに低下する人もいれば、急降下してしまう人もいるということです。

老化は人それぞれ

 さらに言えば、それぞれの生活背景などが影響することも考えられます。パソコンやスマホをよく使う人、糖尿病の人、高血圧の人、運動不足の人、など、生活習慣でも老眼の進行具合が違ってくるはずです。



老眼に気付くタイミング

 よく言われるのが、ある日突然、新聞を読もうとしたら・・・あれ??って表現が多いですし、実際に聞いてみるとこういったエピソードが多いです。

 しかし、人によっては肩こりが酷くて眼精疲労に気付いた、テレビを見てると疲れやすくなった、頭痛がひどくなった、など、老眼に気付くパターンは色々あるようですね。

老眼とスマホ

 また、老眼の初期では、体調の良いときはよく見え、疲れてくると見えにくくなるなどと行った一過性の症状のような状態になることもありますので、老眼とは思わず、疲れのせいだなっと感じる人もいます。いつから老眼なのかを線引することは難しいようですね。

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon