ビタミン類は基本の栄養素

 ビタミン類は体の細胞を直接的に作ったりする成分ではありませんが、作る成分の補助をする働きを持ちます。ですので、ビタミン不足となると、最終的に体のあちこちに不調が出てくるということです。このページではビタミン類の目に対する働きについて紹介していきたいと思います。

ビタミンA

ビタミンAを多く含む食品

 ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保つ成分として知られていますが、目にとっての働きは角膜や網膜の細胞を修復したりするお手伝いをしているのです。つまり、ビタミンAが不足すると目の細胞が老化していくとも考えられているのです。

 それ以外に、ビタミンAが不足すると暗さに対する順応性が低下し、夜盲症になることが分かっています。

ビタミンB1とB12

ビタミンB1を多く含む食品

 ビタミンB1というと、足りなくなると脚気(かっけ)になる。みたいなことを聞いたことがあるかと思いますが、栄養状態が良くなった現代ではほとんど起こらなくなってきました。その代わりと言っては何ですが、現代ではビタミンB1不足により、眼精疲労や視力低下が起こることが分かっています。ビタミンB1は視神経に関連する働きをしており、不足すると神経炎を起こし、視力が低下することがあるのです。

 ビタミンB12は目の粘膜組織を正常化することと、神経伝達の連絡をスムーズにする働きがあります。

ビタミンB2、B6

ビタミンB6を多く含む食品

 ビタミンB2は目の充血解消や視力の維持の働きがあります。ビタミンB6は眼精疲労や眼の炎症に関わっていますので、不足するとやはり目にとって特別な栄養素の1つであることは間違いなさそうです。

ビタミンC

ビタミンCを多く含む食品

 ビタミンCというとアンチエイジングや美容といった事柄を思い浮かべるかと思いますが、これらはあながち間違いではありません。目に関して言うなれば、目のレンズにあたる水晶体を透明に保つ働きがあります。水晶体が濁ると白内障になってしまうことが知られていますよね。

 イラストにもある通りですが、ルテインも同時に摂取したいということもありますので、コマツナやブロッコリーなどの緑黄色野菜を中心に摂取しておきたいですね。

ビタミンもバランスよく摂りたい

 もはや目だけの問題ではないと思うのですが、ビタミン類は体の健康にとって基本的な栄養素であるといえます。通常の食事を摂っていれば大きく不足することはないかと思いますが、不足していると感じるならサプリメントからでも良いので、うまく補っていきたいところです。

 ビタミンも含むルテインサプリをチェック!

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon