そもそも緑内障って?

片目でチェック!

 難しい話を書くつもりはないので、ざっくりとだけでも緑内障の基本を紹介しておきます。

 緑内障とは、視神経に異常が起こり、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなる病気の1つです。日本でも失明の大きな原因となっている病気の1つで40歳以上では20人に1人は緑内障だといわれています。

 緑内障で何が怖いのかというと、その自覚症状に気付かずにいる人がかなりの割合で存在しているということです。

緑内障の自覚症状とは?

緑内障の自覚症状

  緑内障の代表的な時間症状は以下のようなものがあります。

  • 視野が狭くなる
  • 視界の中に見えない部分が出てくる
  • 視力の低下

 ただし、ここで挙げたものは比較的緩い経過をたどったものです。急激に眼圧が高くなるなど劇的な発作を示した場合は

  • 目に痛みが走る
  • 目の充血
  • 目のかすみ
  • 頭痛
  • 吐き気

 などを引き起こすケースもあります。

 どちらが良いとか悪いとかいう話ではありませんが、緩やかな症状には人は気づきにくいため、緑内障の症状を自覚しないまま生活する人も多いです。片目に異常があっても、もう片目が正常であれば、視界を補い合うため、症状に気付きにくいのです。

 逆に、劇的な発作を示した場合、はっきりと緑内障という症状を自覚することができます。

 また、緑内障にはもう1つ怖いことがあるのですが、緑内障が進行して視野を失うと回復しないということです(再生医療がもっと進歩すれば良いのですが)。そうなる前に何とかしておきたい病気ですよね。

緑内障で見えなくなった部分は真っ暗になるの?

緑内障で暗くなった部分

 目の健康に関する雑誌やパンフレットを見ていると、緑内障になるとこんな風に見えます!みたいな記事とイラストがよくあります。

 そのイラストや写真を見ていると、視野欠損が起こった部分を真っ黒に塗りつぶしたように表現されているのですが、実は初期ではこんな感じにまで真っ暗にはならないのです。

 その視野欠損のある部分がぼやーんっと薄暗くなる感じから始まるのが実際のところです。

 なので、気付きにくいというものもありますし、真っ暗じゃないから大丈夫!っと誤認してしまう人もいるのだと思います。

何故、症状に気づきにくい?

クイズ番組

 最近クイズ番組などでたまに見かけるのですが、じわじわと画面のどこかが変化しています。さぁ、それはどこでしょう??といった、脳トレーニングのような問題があります。

 30秒~1分かけてじわじわ変化するものすら気づきにくいのに、5年10年かけて進行する緑内障の症状に誰が気付けるのでしょうか??

家庭でできる緑内障チェック

壁掛けカレンダーで緑内障チェック!

 日常生活上でチェックするために有効なものとして一ヶ月の大きなカレンダーが適しています。チェックする方法は以下の順で行います。

  • カレンダー中央の日付にマジックで丸印をつける
  • 1メートルほど離れ、片目を閉じる
  • 開いている目で印を付けた日を見ます
  • そのまま視線を動かさず、見えない日付がないか探します
  • 左右の目を変えてチェックします

 もし、見えない日付があったり、欠けていると感じる数字があれば緑内障の可能性もありますので、眼科への受診をおすすめします。あくまでも簡易的なチェックですので、すべての緑内障を見つけられるわけではありません。定期的な眼科検診を受けておくことが大事かと思います。

緑内障の末期症状-失明

盲目

 緑内障は日本の失明原因となる病気の1つだと紹介しました。とはいえ、全員が全員失明するわけではありません。では、どうなると失明してしまうのでしょうか?その辺りを紹介してみたいと思います。

 緑内障の自覚症状で、視野が狭くなるというものがあるのですが、初期の初期からこれに気付く人はまずいません。

 しかし、だからといって気付かないまま放置していると、どんどん視野が狭くなります。たいていの場合で鼻のある側(目からいうと内側?)から視野欠損が始まります。

 最終的に中心だけが何とか見える、耳の側だけが見えるという状態にまで進行します。ここまで放置した挙句、さらに放置すると失明してしまうというわけです。

緑内障の治療は無駄なのか?

無駄

 緑内障の治療は患者さんが勝手に治療をやめてしまうことが多い病気として知られています。この他でも、骨粗しょう症や、認知症治療も同じようにやめてしまうことが多い病気です。

 理由は、自覚症状がないからなのです。

 急性期にあった目の痛みや頭痛、吐き気などがあればせっせと点眼薬を差して治療するのですが、これが治まるともう継続することが難しくなってきます。

 せっかく病院へ受診し、緑内障だということが分かって治療薬ももらっているのに、1年以上しっかりと点眼薬を使える患者さんは60%程度なのだそうです。

 患者さんにアンケートをとってみると返ってくる答えで多いものが、

  • 困った症状がないし問題ない
  • 点眼薬を使い忘れる
  • そもそも病院へ受診するのが面倒

 というものなんだそうです。もちろん、治療を勝手に中止すれば、また気付きにくいうちに緑内障は進行します。緑内障が怖いもう1つの理由に、失った視野は回復しないというものを忘れてしまうのでしょうか?

 それもこれも本人が悪いわけなんですが、自覚症状のない緑内障も悪いのかもしれませんね・・・。

緑内障の原因と眼圧について

緑内障の原因

眼鏡

 緑内障の原因を紹介するのに眼圧という言葉が切っても切れない関係にあるので、まずは眼圧について解説したいと思います。

 難しいことを書くと分からなくなってしまうと思うので、誤解を恐れず簡単に書いてしまうと、眼球は水風船をイメージしてもらうと分かりやすいと思うのですが、一定の水分量を保つことで丸い形をしているのです。

 多くてもダメだし、少なくてもダメ。良い感じのバランスを保つことで維持しているのです。この時の水分が眼球を外側へ押す力のことを眼圧と呼ぶのです。

 しかし、何らかの原因で眼球内に水分がたまってしまい、パンパンの水風船状態になってしまった状態となってしまいます。これがいわゆる眼圧が高くなった状態です。

 眼圧が高くなると、視神経が押しつぶされてしまい、緑内障を発症してしまうのです。

眼圧が正常な緑内障もある

 ただ、眼圧が正常だったら緑内障にならないかというと、そうでもないのが緑内障の困ったところです。しかも、正常眼圧なのに緑内障になってしまうのは日本人に多いのです。

 厳密な原因ははっきりしていないのですが、ストレス、長期間のパソコン、スマホ作業、年齢や血圧、運動や体型など、色々と言われています。

眼圧って普通はどのくらい?

これは血圧計です

 当然、体のことなので個人差があるのですが、日本人の平均的な眼圧は14.5mmHgと言われていますので、検査値上では10~20mmHgであると正常とされています。

 眼圧は正常だったとしても、視神経が元々弱い人、強い人といった個人差もありますので、弱い眼圧でもダメージを受ける人もいるわけですし、逆に強い眼圧でも視神経が丈夫な人だと緑内障を発症することもないでしょう。

 眼圧の正常値を気にするよりも、視野異常があるかないかなどで判断するべきですね。ただ、はっきりと分かっていることは、眼圧は高いよりは低い方が良いということです。

緑内障の種類

 緑内障とひとくくりで紹介してきましたが、緑内障にはその原因によっていくつかの種類に分けられます。

原発開放隅角緑内障

排水口

 水分の流出口は開いているが、その排水口となる出口が詰まってしまうことで眼圧が上がってしまう緑内障です。比較的症状がゆっくりと進行することが多いタイプです。正常眼圧の緑内障もこのタイプに含まれるものが多いです。

 原因はよくわかっていませんが、加齢、近視気味であることなどが考えられています。

原発開放隅角緑内障

水道管パイプ

 水分を流れる通り道が狭くなる、ふさがってしまうことが原因で眼圧が上がってしまう緑内障です。上のタイプと似ているのですが、画像のような違いがあります。

 大きな違いとして、急速に症状が進行するので、目の痛みや頭痛、吐き気などに襲われることがあるタイプで、目の病気と思わず救急外来などに駆け込んでくるようなものです。

 どちらかというと女性に多く、遠視気味の人がなりやすいと考えられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

続発緑内障

 上で紹介した2つの原発緑内障とは異なるもので、他の病気が原因で眼圧が上昇してしまうタイプの緑内障です。また、病気が原因ではなく、医薬品の副作用が原因で起こるものもあります。開放隅角、閉塞隅角のどちらのケースもあり、様々です。原因となっている病気を治療していくことが大切です。

発達緑内障

猫の赤ちゃん

 生まれつき何らかの異常があって眼圧が高くなるタイプの緑内障です。乳幼児に発症したものは進行が早く、視力障害を抑えることが難しいので可能な限り早期の手術が必要となります。

 子供の眼球は大人の眼球よりも柔らかいため、眼圧の上昇により眼球そのものが大きくなることがあり、牛眼などとも呼ばれています。10万人に1人程度とされ、稀な疾患の1つです。

緑内障になりやすい人っている?

親子と遺伝

 緑内障を発症するリスク因子として知られているのは主に遺伝加齢だと考えられています。加齢は基本的に誰しも避けようがないのですが、定期的な検診を受けることでうまく避けることができますので、40歳以上は年に1度はうけるようにしたいですね。

 遺伝に関しては、血縁関係に緑内障の患者がいる場合発症確率が高くなることが分かっています。こちらに関しても定期的な眼科検診で早期発見を心掛けるのが最良の選択肢です。

緑内障の検査について

目の検査

 緑内障の検査はいくつか種類がありますので、簡単に紹介していきたいと思います。緑内障は劇的な進行をするもの以外は自覚症状がほとんどありませんので、検査が重要なのです。

眼圧検査

 文字通り、眼圧を測定する検査です。目に機械を接触させて測定するもの、目に空気を吹き込んで測る機械など、いくつかの種類があります。いずれにせよ、正常眼圧の緑内障の場合は眼圧自体は正常なので、この検査だけですべての人が緑内障かどうかを診断しきることはできません。

隅角検査

 特殊なコンタクトレンズを使用して隅角を観察して診断するものです。普段コンタクトをしない人は痛そう、怖そうと思うかもしれませんが、点眼薬の麻酔を使いますので、痛いことはありません。主に緑内障の原因を探るための検査になります。

眼底検査

 眼底検査は視神経の障害の程度を判断するために行う検査です。視神経が障害されていると視神経と眼球が接触している出口の部分のくぼみが大きくなってくるのです。

 三次元画像解析装置(OCT)などの機器開発が進歩しており、医師による肉眼だけの緑内障診断よりももっと正確に診断できるようになってきました。

視野検査

 これも文字通りなので、説明不要かもしれませんね。視野(見える範囲)を調べる検査です。機械の前に座り、小さな光の点が見えたらボタンを押すという簡単な検査ですが、何せ時間がかかる検査です。20~30分かかりますので、時間に余裕がある日にしたい検査です。

緑内障の治療について

緑内障で診察

 治療うんぬんの前に、もう一度確認のために書きますが、緑内障で失われた視神経は回復できません。基本的にはこれ以上悪くならないように進行を遅らせたりするのが治療の中心となります。

 治療せずに放置したり、治療を自己判断で辞めてしまうと最悪失明してしまうこともある怖い病気です。治療はしっかりと行うようにしましょう。

緑内障の薬物治療

 よほどの劇的な進行を遂げない限りは、薬物治療から治療開始となります。タイプや進行度にもよりますので、すべての人が薬物治療から開始するわけではありません。

 基本的には点眼薬のみからの開始ですが、内服薬も併用するケースもあります。

緑内障のレーザー治療

 点眼薬などの治療で思うほどの効果が出なかった場合、レーザー治療や手術を行うことになります。レーザーで問題のある部分に穴をあけることで水分の流れをよくして眼圧を下げることを目的としています。

 痛そうなイメージがありますが、痛みも特に大きくなく、外来で簡単な治療のみ(10分程度のもの)で済むものです。

緑内障の手術

 点眼薬でもレーザー治療でも効果が得られない場合や、緑内障と白内障を合併しているようなケース、糖尿病。認知症などほかの病気の管理も必要な場合などでは手術が行われます。一般に入院して行うもので、1週間~10日程度の入院です。

 術式はどんどん改善されていますが、合併症もありえますし、再手術が必要となるケースもあり、ある程度のデメリットもありますので、主治医とよく相談して決める必要があります。もちろん、手術が終わっても緑内障とおさらばというわけでもありませんので、悪しからず。

緑内障とルテイン

ルテインを含むマリーゴールド

 当サイトは基本的にルテインサプリメントのサイトになりますので、ここで緑内障とルテインの関係について紹介しておきたいと思います。最初にはっきりと書いておきますが、ルテインでは緑内障は治りません

 ここまで緑内障のことについて読んでくれた方なら分かってもらえていると思いますが、一度障害された部分は治らないからです。

 ですので、緑内障という病気はいかに進行を遅くするか、病気にならないかを重視するのです。

 少し、医学的な論文を当たってみたのですが、ルテインと緑内障の関係性に関する論文はいくつかあるようですが、効果があると結論付けるものもありますし、逆に効果がないと結論付けているものもあり、実際どちらがどうなのかというのはよく分かっていないようです。

 しかし、ルテインは強い抗酸化作用を持つ成分ですので、目に悪いというわけではなさそうです。気になる方は実際に飲んでみて試してみるのが一番いいかと思います。

 当サイトがオススメしているルテインサプリは、ビルベリー成分もたっぷり含む【めなり】です。

天然ルテインで亜鉛配合のめなり

 当サイトが最もオススメしている天然ルテインサプリはめなりです。単にルテインのみのサプリメントではなく、亜鉛をはじめとした多くの成分を含んだ総合ルテインサプリメントです。

当サイトの評価 ★ ★ ★ ★ ★

 どうせルテインサプリを飲もうと考えているのであれば、もっともっと欲張って健康成分を摂取したいですよね。そんな願望を全部叶えてくれるサプリメントがこのめなりです。

 公式サイトを見てみる
ルテイン 天然ルテイン12mg
ビルベリー成分 北欧産ビルベリー170mg
アントシアニン 62.9mg
その他補助成分 ゼアキサンチン
クロセチン
アスタキサンチン
亜鉛

ビタミン類
βカロテン

 ルテイン配合のサプリメントはいくつかありますが、天然ルテインが入っていて、かつ、亜鉛が含まれるめなりがオススメです!!

めなりのここが良い!

  1. 天然ルテイン100%
  2. 亜鉛も当然含まれるサプリ
  3. アントシアニン&ルテインの1日推奨量を1つで満たすサプリ
  4. 健康成分の種類が多いサプリメント
  5. お試し購入が980円でできるので始めやすい

ここはイマイチかも…

  1. 1日2粒の摂取が必要
  2. 定期購入のコスパ(1日99円)が少し高い
  3. カプセルが少しばかり大きい
 公式サイトでもう少し調べる

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon