天然ルテインと合成ルテインの具体的な違い

白衣の私見

 ワタクシ、本業では薬剤師をやっておりまして、一応化学分野もある程度詳しい人間なので、ちょっと詳しく書いてみたいと思います。

 但し、以下からは書いていることは私見です。間違っている可能性もありますので、あくまで私見として捉えてください。

はっきり断言したいのが1点

 合成ルテインも天然ルテインも同じもののはずです。化学的にはルテインと呼ばれる物質はカロテノイドの1種であり、化学式は(C40H56O2)で表される物質です。これは化学合成しようと、天然のものから抽出しようと同じ物質であり、化学式が異なることもありません。では、何故、効果に差があるのでしょうか?

ルテイン以外の差じゃないか?

2つのマリーゴールド

 上で紹介した合成ルテインと天然ルテインの副作用の発生の差は何でしょうか??個人的な意見を書かせてもらうと、

 『合成ルテインとして服用したサプリ』

 と、

 『天然ルテインとして服用したサプリ』

 の差じゃないかなと思います。

 例えば、添加物であったり、不純物であったり、ルテイン以外の差はなかったのかなぁ??っと思ってしまいます。まったく同じ製法、同じカプセル、添加物でルテインだけが異なるものを服用させたのか??この辺りが重要なんじゃないかなぁと思います。

 あと、さらに実験自体を穿った見方をするのであれば、2群に分けたそれぞれのグループ層に基礎疾患の差、年齢の差などがなかったのか?っとかも勘繰ってしまいます。実験自体の詳細な背景が分からないので、推論でしかありませんが、合成ルテインが完全な悪とはどうしても思えないなぁと感じます。

合成ルテインサプリの副作用

合成の疑問

 とはいえ、合成ルテインサプリには副作用があるとの報告があります。詳しくはこちらのサイトを読んでもらえれば分かると思いのですが、海外のサイトなので英文なんですよね・・・苦笑。

 ま、ざっくり翻訳してみますと、石油を原料にして合成されているルテインを摂取すると、目のかゆみや腫れ、咳や喘息、その他、胸焼けなどの症状がでる可能性があると書かれているんですよね。

 さらには飲酒、喫煙者が摂取すると、副作用が発生する確率が高くなり、また喫煙者が摂取すると肺ガンのリスクも高くなるという報告がありますっと書かれています。さすがにこうもはっきりと書かれると確かにちょっと合成ルテインは体に悪いんだなっと思ってしまいますよね。少なくとも私はそう感じました、苦笑。

身近なバニラも合成品

バニラ

 人間の感情論からすれば、石油から合成したルテインだったら副作用が出て当たり前!!っと思ってしまうものだとは思うのですが、実はアイスクリームなどに含まれているあのおいしいバニラも実は市場に出回っているものの99%くらいは合成品です。

 何から合成されるのかというと、木材パルプ製造や製紙工程で出る副生成物のリグニンや、丁子油の成分のオイゲノールなどから合成されています。リグニンと言われると分からない人がほとんどかと思いますが、1970年代に問題となったヘドロの主成分がリグニンなのです。

 ヘドロからできたバニラを食べても皆さん元気ですよね、苦笑。なんとなくイヤだけどww

でも心情としては何となくヤだなw

 じゃぁテメーは合成ルテイン飲んでろよ!!っと言われるとさすがにちょっとヤですね、苦笑。どうせ服用するなら副作用報告がない天然ルテインのサプリが良いなぁとやっぱり思ってしまいます、苦笑。

 天然ルテインサプリはこちら

天然ルテインサプリ比較表

天然ルテインサプリガチ比較!

Page top icon